ピザ窯おすすめ人気ランキング!家庭用アウトドア窯2022

ピザ窯おすすめ人気ランキング!家庭用アウトドア窯2022

ピザ窯おすすめ人気ランキング!家庭用アウトドア窯2022を紹介していきたいと思います。自宅の庭やキャンプなどで美味しいピザや窯料理が食べたいことって有りますよね。ピザ窯は400度以上で焼けるピザ窯があるとお店の味を再現できます。少し前までDIYなどが主流でしたが最近では持ち運べるピザ窯があります。気軽に、ピザが楽しめるようになっているので今回は気軽に楽しめてお勧めできるピザ窯を紹介していきたいと思います。

ピザ窯おすすめ人気ランキング!家庭用アウトドア窯2022

窯焼名人

ピザ窯は基本的に15キロ以下の持ち運びできるピザ窯を購入することをおすすめします。ピザ窯はレンガを積み上げたような大きなサイズよりも小さなサイズがおすすめです。使用したいシーンも持ち運べるタイプは選ばずまたもしも煙等でご近所トラブルになっても移動できるなどのメリットもあります。またペレットという燃料を上手に使うと煙を抑えられたりもします。バランスを考え自分の欲しいピザ窯を選んでいきましょう。

ピザ窯選びのポイント

おすすめのポイント

  • 重さが15kg以内。
  • 温度が400度以上で焼ける。
  • 予熱時間は15分前後。
  • 熱源の位置が食材と水平上にある。
  • 燃料が複数使える。
  • 地面から熱源の位置が10cm以上。
  • 覗き穴がある。
  • 温度計がついている。
  • グリップがついている。
  • 持ち運びバッグがある。

ピザ窯を値段だけで選んでしまうと温度が高温にならなかったり、温度計やバッグ、テーブルなど他機買い足すものが多く結局お金がかかってしまう事がおおいのではじめから一通りのモノが付いているピザ窯を用意するか別に購入するといくらくらいかかってしまうのかを調べておくと良いでしょう。色々と調べてみると十分なセットを揃えると4万円前後の費用がかかると思います。

重さは15キロ以内

ピザ窯の重さは軽ければ軽い方が良いのですが、機能性や耐久性を考えた場合15kgが妥当だと思います。何故15kg以内かというと持ち運びが非常に大変になるからです。1つの指標として15キロ以内のピザ窯をおすすめします。

ピザ窯の温度は400度以上になるのかがポイント

ピザや食材を美味しく焼くには400度以上の高温を出せるピザ窯以外は非常に難しいでしょう。400度以上で焼き上げることでお店のピザと同等の高温で焼けます。

予熱時間は15分前後

400度に到達する予熱時間ですが15分前後が理想的だと考えます。短ければ短いほど良いのですがDIYのレンガピザ窯だと400度まで120分以上の予熱時間が必要なため短い時間で予熱できるピザ窯が理想的です。

熱源の位置は水平線上

熱源の位置は水平線上が理想です。良くあるパターンとして食材の位置が熱源の真下にあるピザ窯がありますが下にあるピザ窯だと残念ながら下だけが焼けてしまいピザや食材が黒焦げになります。

燃料が複数使える

ペレット専用のピザ窯などありますが個人的には複数の燃料を使えるピザ窯が良いと思います。例えばペレットよりも薪や炭の方が香りが良い場合などあります。ペレットは便利ですが炭や薪の香りを楽しみたい場合は混ぜたり混ぜなくても単体でりようしてみましょう。食材によって燃料を複数使えるピザ窯を個人的にはおすすめします。

地面から熱源の位置は10cm以上

熱源と地面の位置が近いと利用できないキャンプ場があります。出来るだけ地面と熱源の位置が離れているモノを購入しましょう。できれば10cm以上の高さがあるものをおすすめします。

覗き穴がある

食材の焼け具合が確認できる覗き穴がついたピザ窯を選択しましょう。覗き穴がついていないとピザ窯の食材投入口を開ける必要がありますが食材投入口を開けてしまうと窯内の温度が急激に下がってしまうのでできるだけ覗き穴がついたピザ窯の購入をおすすめします。

温度計が付いている

温度計がついていないピザ窯は非常に不便で別に温度計を購入することになります。温度計がないと感覚でピザ窯の温度を確認することになりますが正確に温度を知ることは不可能に近いと考えましょう。温度計が付いていないピザ窯は温度計を別に購入することを強くおすすめします。

グリップがついている

グリップがついていないピザ窯はかなり不便です。持ち運びでブリップがついているのといないのでは重さの感じかたが違います。また一度、窯に点火しても動かす事ができます。ピザ窯をセットした後に雨が降ったりキャンプ場の都合で動かすような事があってもグリップがあれば安心です。

持ち運びバッグ

持ち運びバッグは非常に重要です。バッグがないとピザ窯は基本的には持ち運び出来ないモノが多かったり移動の際に車などを汚してしまう事があります。

こちらに注目

窯焼名人』は15分前後で窯内の温度が400度に到達するポータブルピザ窯です。日本メーカーであるENROからリリースされています。覗き穴や温度計、燃料も購入時に付属しています。脚の長さも15cmあるのでキャンプ場でも十分利用できます。もちろん持ち運びを考えて取っ手からバックまで購入時に付属しています。

アウトドアピザ窯おすすめランキング

注目のブランド

引用元:窯焼名人
公式名窯焼名人
メーカー株式会社ENRO
会社住所〒648-0066 和歌山県橋本市胡麻生569番地の7二階
特徴大人気ブランド。400度まで15分,はじめから全てセット販売。
値段36980円(税込)
窯焼名人

『窯焼名人』は重さ12キロで薪・炭・ペレットなどに対応した移動式のピザ窯になります。温度計や覗き穴、バッグ、燃料、ピザピール、スコップなどさまざまなアイテムがはじめから付いています。400度までの予熱時間は15分前後で到達します。レシピも豊富でピザの他にお肉・野菜・お魚なども焼く事が可能です。この価格帯では一番おすすめできるピザ窯になります。ピザ窯は公式サイトでしか販売していません。詳しくは『窯焼名人口コミENRO(エンロ)を使った感想!評判・評価をレビュー』の記事を参考にしてみてください。

欧米ブランドのピザ窯

引用:ooni公式
公式名ooni
メーカーooni
住所Edinburgh, Scotland, UK
特徴欧米で人気のピザ窯。
価格37300円(税込)
ooni

ooni(ウニ)』は欧米で人気のピザ窯ですが日本ではAmazonで購入できます。主な材料はペレットになります。ピザ窯の種類が非常に豊富でタイプによってはガス式のピザ窯もあります。非常に人気なピザ窯ですがピザ窯内の天井が低いので窯内で食材をひっくり返すのは少し大変かもしれませんがピザ窯としておすすめできます。別売りの温度計やバッグを含めると値段は大体45000円ほどするので安くはありませんが人気ブランドとしてチェックしておくべきピザ窯です。

日本での定番ピザ窯

引用元:kabuki(カブト)
公式名KABUTO
メーカー株式会社ファイヤーサイド
会社住所〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂497-871
特徴国内で人気のピザ窯ブランド。
公式KABUTO(カブト)
kabuki

カブト(kabuto)』は重さ16.5キロのピザ窯で日本では非常に人気のピザ窯です。別売りのバッグや温度計を追加購入する必要があります。グリップもついていないので少し不便な事もあります。販売は公式サイトの他にもAmazonなどでも行なっています。評判自体は非常に良いピザ窯になります。

今回の記事の他にも『2022年家庭用ピザ窯人気おすすめランキング』の記事なども参考にしてください。

煙に関しては『ピザ窯で近所迷惑!苦情にならないピザ窯・ギア紹介』の記事なども参考になるでしょう。

関連記事『ENRO窯焼名人口コミ!アウトドア用ポータブルピザ窯のメリット&デメリットをレビュー